FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の味覚“栗”

こんにちは
10月も後半となり、涼しい日が増えてきました。
先日、日本各地で桜が咲き始めているというニュースを耳にしました。
秋なのに!とびっくりしましたが、
専門家の話だと、今年の夏に強い台風が多かった影響で、
このような現象が起こっているようです。

年々、夏の酷暑強い台風など異例のことが多くなり、心配になりますが、
今回の件は春の桜には影響がないということなので、ひとまず安心しました

さて、秋といえば食欲の秋!といわれるように、
美味しい秋の味覚を楽しめる時期でもありますね
今回は、その中でもをテーマにしたいと思います。

といえば、モンブランやマロングラッセなどのスイーツ系から、
茹でたり焼いたり栗ごはんにしたりなど食卓でも大活躍してくれる
楽しみ方が幅広い食材ですよね

栗は古くから人々の大事な食料として栽培され、
栄養豊富消化吸収がよく滋養強壮に役立つとのことから
貴重な栄養源として古代から食されてきたようです。

栗には数多くの品種が存在します。大きく分けて、西洋中国日本栗。
他の栗に比べて一番大きいものが日本栗のようです。
調理法としては、日本栗は甘露煮や茹で栗にすることが多く、
西洋栗や中国栗は焼き栗に適していると言われます。天津甘栗は有名ですね。

栗の皮は剥くのが大変というマイナスイメージがありあますが、
分厚い皮で覆われているおかげで茹でたり焼いたりしても
栄養素の損耗がほとんどありません
皮には、外側の茶色く硬い鬼皮内側の薄い渋皮があり、
調理に使用する時や茹で焼き栗などを食べる時は皮を全て剥いて、
中の黄色い実のみを食べることが多いかと思います。

最近は巷でも、渋皮栗を使ったメニューなどをよく目にしますが、
渋皮には食物繊維やポリフェノールの一種タンニンが含まれているので、
健康維持には積極的に食べることがオススメです。
その他、栗にはカリウム/マグネシウム/亜鉛などミネラル類、
ビタミンC、葉酸/B1などのビタミンB群など
栄養バランスがよいので美容ダイエットにも向いている食材です。
栗は木の実なので、ナッツと同じ種実類という分類になりますが、
同じナッツ類にあたるアーモンドやクルミなどと比べると特に脂質が少なく
成分の約40%はデンプンであるため、食物繊維が豊富なところも魅力です

また、採れたばかりの栗より、低温の冷蔵庫内
1~2週間程度寝かせると糖度が2~3倍ほど上がり甘くなります

旬の食材というのは、特に栄養価が高く最も美味しく食べられる時期ですし、
また市場にたくさん出回り価格も手頃なので手に入りやすくなります

季節ごとに旬の物を取り入れることで、カラダのリズムも保たれるので、
ぜひ旬を意識した食事を心がけてみてはいかがでしょうか


スポンサーサイト

10月はハロウィン

こんにちは

10月も終わりにさしかかり、ハロウィンが近づいてきました
今年もこの時期は、至る所でハロウィンを感じさせるものを目にします
インテリアグッズ仮装グッズ、また最近では、ハロウィンメニューと題し、
南瓜を使ったものやハロウィン仕様にデコレーションされたものなど
飲食店でもイベントに合わせた商品が多くなっているように感じます

また、日本でも31日当日は各地でハロウィンイベントなどが開催されたり、
仮装した人が街にあふれたりと、思い思いに楽しむ人が多くなっていますね

ハロウィンはもともと、秋の収穫祭として始まったイベントですが、
海外と日本では楽しみ方が少し違うようです

仮装においては、日本ではかわいいキャラクター系のものなど
ジャンルを問わず仮装の内容が幅広いのですが、
海外ではどちらかというと、よりリアルに且つ怖さが引き立つメイクで
本格さを重視する人が多いようです
また、海外では子供たちも魔女オバケに仮装して、
近所の家々にお菓子をもらいに訪れるというのも有名ですよね

ハロウィンといえば“カボチャ”ですが、日本で“南瓜”というと、
日本かぼちゃ”と“西洋かぼちゃ(栗かぼちゃ)”に大別されます。
前者は表面がデコボコしていて、後者はツルツルとしている特徴があります。

また、アメリカやカナダで“パンプキン(pumpkin)”というと、
外側の皮がオレンジ色のカボチャだけを指すそうです。
ハロウィンのカボチャがこれに当たりますね
かぼちゃ大

”日本かぼちゃ”と”西洋かぼちゃ”の比較では、
西洋かぼちゃは、甘みが強くほくほくした肉質で、
栄養価はどちらも高いと言われますが、
β-カロテンやエネルギーは西洋かぼちゃの方が高くなります。

南瓜は、特にβ-カロテンが豊富な緑黄色野菜で、
その他、ビタミンミネラル食物繊維なども多い野菜です
ビタミンは、脂溶性のビタミンE、水溶性のビタミンCB群が、
ミネラルは、カリウムカルシウムなどがバランスよく含まれています。

栄養はワタにも多いので、全て食べられるような調理が望ましいですね。
南瓜は熱に強くと一緒に摂取することで栄養の吸収がアップする栄養成分
が含まれているので、油を使った加熱調理が適しています

このように、かぼちゃは栄養価が高い野菜とされていますが、
あわせて糖質も多く含まれているので、食べすぎには注意が必要です

●質の良い南瓜とは…
・ヘタがコルク状でその周りが凹んでいる。
左右対称丸い形。
・ずっしりと重さがあり、皮が硬めのもの。
・果肉の色は濃く種が詰まっていてワタが乾いていないもの。

●適切な保存方法とは…
丸のまま:新聞紙に包み、風通しの良い冷暗所。(保存目安2ヵ月)
カット後:種とワタを取り除きラップに包み野菜室。(保存目安1週間)

ちなみに、欧米では南瓜ではなくリンゴを使ったスイーツ、
アップルクランブル”をハロウィンに食べる習慣があるようです
各国で楽しみ方が異なるのは面白いですね。
みなさんも今年のハロウィンを思い思いに楽しんでみてはいかがでしょうか
 
Happy Halloween !!
かぼちゃ

置き換え食品

こんにちは
最近は寒い日が多くなり、朝晩とお昼の気温差が激しい日もあるので、
毎日洋服選びに悩んでしまいます
特にこの時期は毎年、アウターに悩むことが多いのですが、
マフラーも、もうそろそろ必要かなぁなどと考えはじめていると、
がもうすぐそこまで来ているのだと実感します

いきなり寒くなり、温かいものを食べたくなる日も増えてきましたが、
先日私は、小麦粉の代わりに大豆粉を使った“タコ焼きを食べました!
見た目も味も普通のタコ焼きと言っても分からないほど美味しく頂きました
たこ焼き(大豆粉)


そもそも大豆といえば、栄養価の高い食材として知られています
植物性食品の中でも豊富なタンパク質を含み、脂質糖質に加え、
食物繊維(不溶性)
ビタミン(B1B2葉酸...)、
ミネラル(カルシウムマグネシウム亜鉛...)、
ポリフェノール(イソフラボンサポニン...)など

健康維持には欠かせない栄養素がつまっていて、
歳を重ねてきたり働き盛りで忙しくしていたりすると、
特に摂っておきたい食材であるともいえます

また、最近では日本でも、糖質制限グルテンフリー人気が高まっており、
置き換え食品をいろいろな場所で目にする機会が増えました。

お砂糖の代わりに甘味料小麦粉の代わりに米粉そば粉大豆粉など
健康を考えた食材に置き換えて作ったお料理やお菓子が目立ちます

私が食べたタコ焼きのお店では、大豆粉を使用することで、
普通の小麦粉入りタコ焼きに比べ、糖質約54.5%カットした仕上がり
になっていたようです

外出先でこういったメニューを見かけたら意識的に選択してみるというのも
新たな発見があって面白いと思います

外食や中食ではすぐに手軽に取り入れられて便利ですが、
手作りでこういった工夫を取り入れてみるのも楽しいかもしれません。
お家でのお料理で実践する場合は、調理法に注意が必要になってきますが、
ぜひ試してみてはいかがでしょうか

旬の秋刀魚

こんにちは
サンマの美味しい季節がやってきました

この時期に盛り上がるイベントとして、
東京都の目黒で毎年開催される“さんま祭り”は有名ですよね

このお祭りでは、炭火で焼いた新鮮な旬の秋刀魚カボスを添えて
無料で振る舞われるそうです
私はサンマが大好きなので、獲れたて秋刀魚を食べられるこの贅沢なイベント
ずっと気になっているのですが、まだ一度も参加できたことはありません

旬の秋刀魚の美味しい食べ方というと…
大根おろしを添えた塩焼き唐揚げ蒲焼きお刺身などなど
たくさんありますよね

また、大根には元々いろいろな種類の消化酵素が含まれていますが、
すりおろすことで酵素の有効量が増え、食べ物の消化を助ける力が増します

カボスとお醤油を足したり、ポン酢七味唐辛子でアレンジしたり、
また、調理法を唐揚げなどにすれば、骨までまるごと食べやすくなって
とりたい栄養もたくさん摂れるのでオススメです

さらに旬の秋刀魚は脂がのっていて、
魚の脂に含まれるDHAEPAをはじめ、ビタミンADEBや、
良質なタンパク質カルシウムなどの成分も含み栄養価が高いので、
美味しく食べて健康になれる一石二鳥の食材です

この時期になってスーパーでもよく見かけるようになりましたが、
新鮮なサンマをGETするポイントは…
口先が黄色くなっているもの
黒目のまわりが透明で、濁らず澄んでいるもの
身が太っていて張りがあるもの
背が青黒く光っていて艶があるもの...です

スーパー魚屋さんに行ったらぜひ目を光らせてみてください!

今年は、さんまが大漁な年だと嬉しいなと思います
台風や雨など安定しない気候が続いている今日この頃ですが、
美味しい秋刀魚をたくさん食べてこの秋を満喫したいです

お月見

こんにちは
だんだんと涼しい日が増え、の気配を感じる季節になってきましたね!

秋といえば、お月見があります
今年は、9月27日中秋の名月いわゆる十五夜ですね

この日の行事としては、ススキお月見団子をお供えして、
満月を見ながらお団子を食べるという方が多いかと思います。

お団子をお供えしてお月様に感謝をするとともに、
豊作を願ったり収穫をお祝いしたり、健康幸せを祈願する日でもあります。
また、この中秋の名月が、もともとサトイモの収穫祭であったという説から、
サトイモ等の芋類豆類をお供えする風習もある様ですね。

今年の満月は、翌日28日ですが、
2日間に渡ってお月見を楽しんでみるというのも良いかもしれません。

お月見団子は、地域によって見た目や味もさまざまですが、
私は、あんこきな粉を使ったものに馴染みが深いです。
形は、月が満ちている姿のように丸くしますが、まん丸にはしません。
十五夜の日のお月見には、15個のお団子をお供えすることが多いようです。

あんこに使われる小豆や、きな粉の原料である大豆は栄養も豊富です

小豆には、
炭水化物タンパク質の他にも、食物繊維ポリフェノール
特にビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群
マグネシウムカリウム亜鉛などの栄養が含まれています。

小豆のにも栄養があるので、調理して皮ごと食べたいですね。
お米と一緒に食べると、アミノ酸のバランスがさらに良くなりお勧めです。

大豆には、
タンパク質脂質炭水化物に加え、
ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB群などのビタミン類
カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅などのミネラル類
食物繊維ポリフェノールなどが含まれ、バランスのとれた栄養源です。

特に、畑の肉といわれるほど必須アミノ酸のバランスが優れているので、
良質のたんぱく源であるといえます。
また、きな粉の場合は粉末になっているので、消化が良いです!!

お月見団子は、お供えするだけでなく、実際に食べることでも、
健康に元気になれそうですね
オリジナルにアレンジして作ってみるのもいいかもしれません♪

今年のお月見は、お天気に恵まれることを願って...

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。