ミュゲの日

こんにちは
5月に入りましたが、ゴールデンウィークシーズンですね
今年の暦上では、5月1日・2日をお休みすると9連休になることから、
4月末から既に休暇を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか

さて、本日5月1日は「すずらんの日」です
大切な人やお世話になった人に、すずらんを贈り合う日”とされています。
そして、すずらんを贈られた人には幸運が訪れるといわれます

日本ではあまり馴染みがない様ですが、その昔フランスで始まった風習で、
すずらん”をフランス語で“muguet (ミュゲ)”ということから、
フランスでは、「Jour de muguet」=「ミュゲの日」と呼ばれています。

フランスでこの日は、誰でもミュゲを販売して良いことになっているので、
お花屋さん以外にも、街の通りに机を広げて販売する人たちが沢山います
私は昔、この日に大きなロバを連れたミュゲ売りを見かけた事があります。
その愛らしいロバと可愛らしいミュゲの花束に、つい目を奪われました

この日は、元からお花屋さんが多いパリの街に一般のミュゲ売りも加わって、
さらに華やか活気の溢れた賑やかな雰囲気になります


日本名である“すずらん”は、“鈴蘭”という字にも表されているように、
その花姿に、に似ていることに因んで命名されたそうです。

ヨーロッパでは5月の花として親しまれているすずらんですが、
開花時期は4~5月頃で、が来て暖かくなると花を咲かせるといわれます
ただ、日本原産ヨーロッパ原産のものとでは、時期も異なるようです。
花が咲き終わった後は、そのまま秋までが残り、冬はだけになります。

すずらんの花言葉は、
幸福の再来」「純粋」「希望」「意識しない美しさ」など...
フォルムも可愛らしく、可憐な印象を受けるすずらんですが、
の部分は毒性が強いので、生けるときや水かえ時には、注意が必要です

先日、都内ですずらんを販売しているお花屋さんを見つけました
花束で販売されていましたが、比較的長い間飾っておけるそうです
もしお花屋さんに立ち寄る機会があったら、探してみてください

すずらん2

キウイの魅力

こんにちは
春分の日も過ぎ、春の陽気に移ろいつつありますね
しかし、3月も後半だというのに今年はまだ寒い日もちらほらあるので、
冬のコートが手放せず、衣替えのタイミングに戸惑ってしまいます。

春先には、イチゴキウイなど美味しい果物が多く出回りますが、
旬として、はっさくデコポンなど柑橘系の果物が目立ちます
その中で今回は、比較的お手頃で栄養価も高いキウイについて取り上げます

キウイというと、市場では果肉果皮の違いから様々な品種がみられますが、
一般では、ベーシックな果肉が緑色グリーンキウイをはじめ、
果肉が黄色ゴールドキウイを目にすることが多いと思います。

また、日本の店頭で並んでいるキウイは、海外からの輸入品が多く、
特にニュージーランド産のものが大半を占めている状況ですが、
日本は国内各地での生産によるアジア諸国への輸出も行っているようです。

キウイの魅力としては、何と言ってもその栄養価の高さにあると思います
特にビタミンCビタミンEカリウム食物繊維は、
他の果物に比べて栄養価が高いと言えますし、
さらに、ポリフェノール酵素その他ビタミンミネラルも含んでいるので、
キウイひとつでも一日の栄養補給に大きく貢献してくれそうです

美味しさに加え、健康にぴったりな果物なので、
これから特に日差しが強くなる季節に備えて、また、
毎日忙しくて食事の時間が取りづらいという方にも
その食べ易さからオススメの果物です

そのままでも十分に美味しいキウイですが、ヨーグルトとの相性はもちろん、
サラダスムージーとしても人気が高いですよね
そのままの場合は、冷蔵庫で冷やすとより美味しくなるのでオススメです
また、調理のサポートという面では、お肉料理に活用すると、
キウイに含まれるアクチニジンという酵素がお肉を柔らかくしてくれます

品種によって甘味酸味料理との相性などが異なることや、
アクチニジンについてはグリーンキウイに豊富に含まれるということからも、
購入の際は、味の好みや目的に合わせて選ぶと良いと思います

質の良いキウイを見分けるポイントもまとめてみました
◎形がまん丸よりも楕円形のもの
◎グリーンキウイなど果皮に産毛のあるものは、満遍なくついているもの
◎果皮の色が濃いより薄目の茶色傷やへこみがないもの
◎食べ頃としては、触ったり軽く押したりして、弾力が程よく柔らかいもの
・・・せっかく購入するのであれば、良い状態のものを選びたいですよね

ちなみに、キウイの名前の由来となっているのは、
キウイバードというニュージーランドの国鳥であるという説もあるようです

ニュージーランド産キウイの旬は、ちょうどこれからになるので、
美味しいキウイが店頭に並ぶのが楽しみです

お花見

こんにちは
暖かい日が続き、各地での開花が始まっていますね
先日、東京でも開花宣言が行われました!

そこで今回はお花見人気スポットをご紹介してみようと思います♪
全国には、数え切れない程に桜の名所があるようですが、
その中でも特に私が気になった場所をピックアップさせていただきました


六義園(東京)
庭園内の有名なしだれ桜が満開になる姿は圧巻!
夜間ライトアップもあり、園内でゆっくりお花見を楽しむには最適

県立三ツ池公園(神奈川)
園内の上・中・下の三つのの周りには、様々な品種の桜が咲き誇る。
時期をずらしながら開花し、あたり一面の桜で彩られる

赤城南面千本桜(群馬)
約1000本のソメイヨシノが咲き、満開時には桜のトンネルが有名。
多品種の桜が楽しめる世界の桜ゾーンも人気

はままつフラワーパーク(静岡)
チューリップのどちらも楽しめる春の名所。
ソメイヨシノを中心とした桜並木が美しく、八重桜も楽しめる。

高田公園(新潟)
日本三大夜桜としても知られるスポット
高田城のライトアップと約4000本の桜とが織りなす風景が人気。

万博記念公園(大阪)
約5500本の桜が、桜並木を中心に咲き誇る
桜の名所としても知られ、桜まつりも開催される。

京都府立植物園(京都)
約150品種と種類豊富な桜を楽しめる。
4月下旬まで長期に渡ってお花見をすることができるもの特徴。


満開の桜の下でお花見するのは楽しそうですよね~
この記事をまとめていて、私も早くが見に行きたくなりました

今年は、例年より開花期間が長いと予想されているようですので、
みなさんもぜひお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか

桜6 桜4 桜5

日光は浴びた方が良い?!

こんにちは
まだまだ寒い日もありますが、草木が芽吹く季節ですね。
この時期に公園に行くと、春のお花や青々とした木々が生えていて、
とても気持ちがいいですよね

しかし、花粉症状などによって、そんなことを言っていられず、
辛い思いをされている方もいるかもしれません。
メディアでも騒がれているように、花粉症の人は年々増えているようですね。

最近では、日光を浴びる機会が多いと花粉症予防に効果的であるという
話題が注目を集めているようです
確かに、日光は植物の光合成洗濯物の殺菌効果に役立つと言われますし、
食物を日光に当てることで、栄養価が増すとも言われますよね。
日光の力はすごいですね!!

この最近の注目効果としては、ビタミンDに焦点が当てられているようです。

日光とビタミンDの関係の一例としては、椎茸が挙げられるかと思います。
生椎茸を日光に当てて干し椎茸にすることで、ビタミンD含有量が増します。
日光からの紫外線により、ビタミンDが合成されるためです。

これは、人間でも同様のことが言えます。
体内ではコレステロールを原料に、紫外線(UV-B)を皮膚に受けることにより、
ビタミンDの一部を生成しています。

しかし、人間の場合は外で日光に当たる機会を増やすことが健康にいいという
反面、日光に当たることによるマイナス面も多いです。
あまりにも長く日光に当たり、紫外線の影響を受けてしまうと、
逆にビタミンDの生成を抑えたり、体の害になってしまうことがあるので、
注意が必要です!もちろん、日焼けやシミの原因にもなってしまいます。

ビタミンDは、紫外線での合成に加え、食品の摂取によっても補給できます。
食事から十分摂取するのは難しいですが、なるべく意識してとりたいですね。

<ビタミンDを含む食品>
●植物性(D2):きのこ類(椎茸・白きくらげ・舞茸など)
●動物性(D3):魚介類(鮭・さんま・サバ・イワシなど)

※ビタミンDは、D2とD3という2つの種類に分けられます。
 主にD2は植物性食品から、D3は動物性食品や紫外線から合成されたもの
 を指します。ビタミンD2はD3に比べ、生理学的効力が半分程度しかない
 とも言われているので、できれば動物性のものから摂りたいですね。

花粉症対策としては、それぞれ試されていることがいろいろあるかと思います
が、いつも体を元気に健康に保つ努力をしておくことが一番です。
薬を飲む方もいらっしゃいますが、副作用で生活に支障が出る場合もあり
大変そうですよね

花粉症は治らないとよく聞きますが、生活に少し工夫を取り入れることでも、
毎年の辛さに、変化が期待できるのではないでしょうか

せっかく四季のある日本なので、この気候のよい季節に、
気持ちよく外出できる人がどんどん増えればいいなと思います

イチゴの季節

こんにちは
も開花し、すっかり春らしくなりましたね

そして今は“イチゴ”が美味しい季節でもありますね♪
スーパーに様々な品種がたくさん陳列されているのを見ると、
春だなぁとワクワク嬉しくなります
いちご

今回は、そんな、私も大好きなについて取り上げたいと思います

は全国に様々な品種があり、それぞれ大きさや形、味が異なりますよね。
どの種類でも美味しく食べられるような見分け方や食べ方などについて、
ポイントをまとめてみました

<見分け方>:美味しいイチゴ=鮮度がよくて甘い
・ヘタの方まで真っ赤に熟している
・ヘタの色が濃く、反った状態である
・果実が瑞々しい艶やかハリがある
・ツブツブが立っている

<洗い方>
ヘタをつけたままの状態で、水で洗う。
※ヘタを取ってから洗うと、味が水っぽくなり、
水溶性であるビタミンCも溶け出してしまいます。

<食べ方>
先端の方がより甘みは強くなるので、ヘタのある方から食べ始めると、
最後まで甘さが残り、美味しく食べられるそうです

は乾燥に弱かったり鮮度栄養価が落ちやすかったりするので、
なるべく早めに食べるのがお勧めです!

そのまま食べても十分美味しいイチゴですが、私はいちごミルクにして
食べるのも好きです
いちごミルク


また、イチゴは、その可愛らしいフォルム美味しさだけでなく、
栄養価もすごく高い果物です!!

の栄養成分>
ビタミンC:レモンより豊富!!コラーゲン生成に関与し美肌づくりに!
有機酸(クエン酸リンゴ酸):胃液分泌を促し、食欲UPや消化サポート!
葉酸:相乗効果で貧血予防になり、肌の血色UPにも!
カリウム:豊富に含むので、濃い味付けを好む人や、むくみに効果的!
ペクチン(水溶性食物繊維):整腸効果や糖・コレステロールの吸収緩和に!
★ポリフェノール類
エラグ酸:抗酸化力が強く、ベリー類によく含まれる。美白効果も!!
アントシアニン:紫外線ダメージを予防し、視力改善も期待できる色素!
フィセチン:抗酸化に加え記憶力UPも期待できるフラボノイドの一種!
キシリトール:細菌の増殖や再生を妨げるとともに、虫歯予防にも効果的!

今年のは、栄養たっぷりな旬のを楽しんでみてはいかがでしょうか

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR