夏も終わりましたが…

こんにちは!
良いお天気の日は、なんだかワクワクして外にお出かけしたくなりますね♪
でも、まだまだ紫外線による日焼けが心配で、無防備な状態では外に出られません・・・

日焼けしても、どうせ冬になればまた元に戻るでしょ!
なんて油断していると後々大変なことに!!見えない敵が肌の奥には潜んでいて…シミやしわ、お肌の老化の原因となってしまいます。
そして、髪にもダメージが!美容師さんによると・・・夏に受けた髪への紫外線の影響が冬に乾燥という形で出てくるそうです!だからこの時期は特にトリートメントなどでお手入れすることが非常に重要なんだとか!!!

紫外線って怖いですね。。すぐに影響が出るものじゃないと特に油断してしまいがち。。
日焼け止めや日傘などで対策をとっている方も多いと思いますが、体の中からケアすることも大切です!紫外線に打ち勝つ栄養素としては、ビタミンミネラルアミノ酸が代表的です。今回はその一部をご紹介します。まだまだ怖い紫外線対策として、お食事の際にご参考にしていただけたらと思います。

β-カロテン
 体内で代謝され、必要な分だけビタミンAになり、
 残りのβ-カロテンが活性酸素を抑えます。
 ビタミンAは、発がん抑制・皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きが
 報告されています。
(食材:人参、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊、小松菜、西洋南瓜など)

ビタミンB2
 細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚の新陳代謝を高めます。
(食材:レバー、うなぎ、いわし、ぶり、納豆、いくら、卵、マイタケなど)

ビタミンC
 皮膚に発生する活性酸素を抑える抗酸化作用や、
 コラーゲンの合成を促進する作用があります。
(食材:ブロッコリー、芽キャベツ、赤ピーマン、トマト、レモンなど)

ビタミンE
 紫外線により活性酸素が発生した際に、
 細胞膜が酸化してしまうのを防ぐ働きがあります。
 ビタミンEは自らも酸化してしまうので、
 ビタミンCと一緒に摂取するのがお勧めです。
(食材:アーモンドなどナッツ類、植物油、うなぎ、西洋南瓜、はまちなど)

亜鉛
 細胞の再生に必要な栄養素であり、不足すると、
 紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下します。
(食材:かき、レバー、うなぎ、牛モモ肉、鶏ささみ、穀類、種実類など)

セレン
 紫外線によって酸化した皮膚の細胞膜の分解を促進します。
 ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどと一緒に摂取すると、
 発がんを抑制する働きがあるという報告もあります。
(食材:いわし干し、しらす干し、小麦胚芽、玄米、ぬか、麹など)

L‐シスチン
 皮膚において強い抗酸化作用を発揮し、皮膚の細胞を守ります。
 メラニンの生成を抑えることで、シミやソバカスを防ぎ、
 皮膚の新陳代謝を高める効果があると言われています。
(食材:豚レバー、豚ヒレ肉、はちみつ、卵、ネギなど)

十分な紫外線対策で夏のダメージを残さないようにしましょう☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR