季節の変わり目にご用心

こんにちは
毎日寒~いですね
私は寒いのが苦手なので、まだダウンを手放せないでいます。。
しかし、最近は、少しずつ暖かい日も増えてきましたね
が近づいてきているのでしょうか♪

また、季節の変わり目は、気温の変動や天候が定まらない日も多くて、
体調を崩しやすいですよね。気候の変化にカラダを順応させるには、
予め体調の基盤を整えておくことが大切です

ダグラスでは、この季節の変わり目に嬉しい割引キャンペーンを開催中です

早春割引キャンペーン←セール会場へはこちらから

対象4商品を10%OFFで販売しています。
開催は3月11日(水)10:00まで!! (※定期コースは割引対象外となります)

<対象商品>
ケルシプレックス
  …1粒でケルセチン333mg!!手軽にしっかり補給できる!

マルチ-プロバイオティック15Billion
  …8種類150億個の生きた乳酸菌を特殊カプセルに凝縮!

ネトル マックス-V
  …豊富な栄養素を含むハーブで、季節を気にせず健康維持!

春のKSP
  …季節の変わり目におススメのサプリメントの数々を1袋にセット!


これら商品は、それぞれ組み合わせてお召し上がりいただいても、
どれか気になるものだけをお選びいただいても宜しいかと思います。

特にいろいろな成分を一度に摂ってみたいという方には、様々な栄養素が
一つにまとまった「春のKSP」がおススメです。

早めの対策をして、健康で清々しい気分でを迎えましょう

節分で元気をチャージ!!

こんにちは
明日2月3日は“節分”ですね
みなさんは、節分の日に、何をしますか?
「鬼は~外!福は~内!」豆まきをして、年齢に合った数の豆を食べる
という方が多いのではないでしょうか?
最近は、それに加えて恵方巻きを食べる人も多いようですね。

私はここ最近、恵方巻きは手作りにしています。
手作りなら、大きさも具材も自分の好みに合わせられるのでおススメです♪
そして、何より作るのが楽しい今年はどんな具材にしようかなぁ。。

節分行事の内容は、地域や家庭によって様々あるかもしれませんが、
ここで少し、節分の由来について触れたいと思います。

節分とは本来、“季節の分かれ目”の事であり、
「立春、立夏、立秋、立冬」の前日のことを指します。
しかし、旧暦では冬から春になる時期を一年の境とし、立春を新年の始まり
としていたことから、その前日を“節分”とするようになったそうです。
節分は、春の訪れを喜ぶ行事であるとともに、大晦日にあたるこの日に
邪気を祓い、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味が込められた
行事
です。

節分の豆まきでは一般的に、炒った大豆を使うことが多いかと思います。
大豆は、すごく栄養豊富な食物です。
特に、畑の肉」と呼ばれるほど、タンパク質を豊富に含んでいます。
また、脂質炭水化物タンパク質ビタミンミネラル食物繊維など
様々な栄養素をバランスよく含み、イソフラボンサポニンレシチンなど
抗酸化コレステロール値の低下ホルモンバランスを正常に保つなどの働き
をサポートする栄養素も含んでいることから、タンパク質以外の部分でも
健康に良い食材であると言えます。

恵方巻きに使用する具材では、七福神にあやかって7種類の具材を入れると
縁起が良いとされています。など、彩りの良い具材を選べば、
見た目に美しく、自然と栄養価のバランスも整い易くなります。
恵方巻きを食べる際は、恵方を向いて、願い事をしながら無言で1本食べきる
というのが縁起の良い食べ方のようです
ちなみに、今年2015年の恵方は“西南西”です!!

また、豆まきの“大豆”と恵方巻きの“ご飯”は、良質なタンパク源
補給する上で、非常に良い組み合わせであると言えます。

体内で十分に作ることが出来ないため食物から摂らなければならないとされる
9種の必須アミノ酸は、その全てを一定量以上バランスよく含むことで、
利用効率が上がり、良質のタンパク質であると評価されます。

大豆に不足している、必須アミノ酸の含硫アミノ酸ご飯に含まれており、
ご飯に不足している、必須アミノ酸のリジン大豆に豊富に含まれています。

このように、大豆とご飯を合わせて食べれば、互いに不足を補い合って、
タンパク質の栄養価が改善されることになります
納豆とご飯に代表されるように、いい組み合わせですね

日本に古くから伝わるこの節分行事、改めて意味を考えながら行うと楽しい
かもしれないですね♪
みなさんも、節分の日には、豆まき恵方巻きで元気をチャージして、
良い一年を願ってみてはいかがでしょうか

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR