ミュゲの日

こんにちは
5月に入りましたが、ゴールデンウィークシーズンですね
今年の暦上では、5月1日・2日をお休みすると9連休になることから、
4月末から既に休暇を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか

さて、本日5月1日は「すずらんの日」です
大切な人やお世話になった人に、すずらんを贈り合う日”とされています。
そして、すずらんを贈られた人には幸運が訪れるといわれます

日本ではあまり馴染みがない様ですが、その昔フランスで始まった風習で、
すずらん”をフランス語で“muguet (ミュゲ)”ということから、
フランスでは、「Jour de muguet」=「ミュゲの日」と呼ばれています。

フランスでこの日は、誰でもミュゲを販売して良いことになっているので、
お花屋さん以外にも、街の通りに机を広げて販売する人たちが沢山います
私は昔、この日に大きなロバを連れたミュゲ売りを見かけた事があります。
その愛らしいロバと可愛らしいミュゲの花束に、つい目を奪われました

この日は、元からお花屋さんが多いパリの街に一般のミュゲ売りも加わって、
さらに華やか活気の溢れた賑やかな雰囲気になります


日本名である“すずらん”は、“鈴蘭”という字にも表されているように、
その花姿に、に似ていることに因んで命名されたそうです。

ヨーロッパでは5月の花として親しまれているすずらんですが、
開花時期は4~5月頃で、が来て暖かくなると花を咲かせるといわれます
ただ、日本原産ヨーロッパ原産のものとでは、時期も異なるようです。
花が咲き終わった後は、そのまま秋までが残り、冬はだけになります。

すずらんの花言葉は、
幸福の再来」「純粋」「希望」「意識しない美しさ」など...
フォルムも可愛らしく、可憐な印象を受けるすずらんですが、
の部分は毒性が強いので、生けるときや水かえ時には、注意が必要です

先日、都内ですずらんを販売しているお花屋さんを見つけました
花束で販売されていましたが、比較的長い間飾っておけるそうです
もしお花屋さんに立ち寄る機会があったら、探してみてください

すずらん2

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR